top of page
検索
  • matsuda

アップサイクル・エシカル・マルシェ


アップサイクル・エシカル・マルシェ 

UPCYCLE ethical marché

5月20日(土)10:00~17:00

会場:Hisaya-odori Park テレビトーヒロバ①

  (名古屋市中区久屋大通公園)地下鉄「久屋大通」駅下車

ーーーーーーーーーーーーーーーー

この日、中部電力ミライタワー(テレビ塔)で開催の「2023 ステアクライミング・ジャパンサーキット名古屋大会」併催マルシェ。

テレビ塔を駆け上がる「階段マラソン」の「アップ」にちなんで「アップサイクル」をテーマにしたマルシェを開催。

https://sjc-kaidan.jp/nagoya/

  

「アップサイクル」とは、

製造過程で残った糸や生地などの未利用素材、これらは、これまでは焼却や埋め立てなどで廃棄処分をされてきましたが、それらの素材を捨てずに生かして、デザインや工夫によって、新たな価値を持った製品として生まれ変わらせること。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ステージ:12時~12時30分 MA’AT(アコーディオン&ギター)演奏

     14時~14時30分 アップサイクル・ululaスモック・キッズ・ファッションショー(&MA’AT演奏)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[出店者]

「P.a.d Banana Leaf Product」

タイのバナナの葉でできた財布やバッグの販売。捨てられるはずの枯れたバナナの葉で作られた、自然を感じさせてくれるエコなフェアトレード・ブランド。


「JUKOFA Almacén」

コロンビアのアマゾン川流域で採れるタグア椰子の実を生かしたフェアトレード・アクセサリーの販売。


「エコマーケットhappy planet」

『捨てられるものから、必要なものを』をコンセプトに、寄木アクセサリー・着物スカート・ドンゴロスのエコたわしなどアップサイクル商品を販売。


「Think Scrap」

東海理化の自動車向けシートベルト端材と社会の端材でアップサイクルされたバックなどを販売。


「瀧定名古屋(株)」

シーズン毎に新しいテキスタイルを開発する中で発生する、未利用素材を活かしたアップサイクルプロダクトの販売。


「KURAKIN クラキン/ (株)艶金」

食品や植物から出る「のこり」から染められたのこり染のバッグや小物を販売。


「re_chimoa」

デニムリメイクをメインに衣料品、アクセサリー、バッグを制作、販売。


「社会福祉法人名古屋市身体障害者福祉連合会&ulula」

名古屋市の廃棄される消防服で作るバッグと、椙山女学園大学と瀧定名古屋とコラボして未利用繊維素材で作るアクセサリーや雑貨を販売。


「ひょうたんカフェ」

ドーナツ、焼菓子、クラフト商品(手織り・絞り・刺繍)を販売。障害のある人の手仕事から地域と繋がり、伝統と新しい価値観からできる可愛い商品。


「Yummy Jam Japan」

規格外で出荷できない旬の果実を集めて、香り高く仕上げたジャムの販売。


「DIY&FAB GIFT(Glocal Innovation Factory Toyokawa)」

都市や暮らしの木質化を提案。あいち認証材を使った木製テント、看板などを展示。地域材の工作ワークショップを開催。


「ハナロロ ビーズクッションのお店」

「人をダメにする」ビーズクッションのお得なセール、端切れを再利用して作ったクッションのプレゼントを実施。今話題の「着るビーズクッション」もお試しいただけます!


「KOTERA」

“Farm to Living”をコンセプトに「厳選した植物を生産者さんからリビングへ」を提案。ビーズクッションをアップサイクルした植木鉢と季節の植物を販売。


「MO-YA-CO UNIQUE PRODUCT!」

「もーやーこ」は名古屋弁で「分けっこ、持合い」。障がいのある方々と一緒に作った、からだにやさしいおやつや、個性あふれるアップサイクル雑貨の販売。本イベント・ポスターを描いた奥野誠也さんも所属。


「愛知県立瑞陵高等学校インターアクトクラブ」

世界にはまだ使用できる未利用繊維素材があり、多くは廃棄されています。瀧定名古屋提供の余り布とブラザー提供のミシンを用いて高校生が箸袋を作り販売。


「愛知県立南陽高等学校 Nanyo Company部」

地域貢献を目的に、フェアトレード·アップサイクルの普及に取り組んでいます。フェアトレード商品、規格外野菜を使用したジェラートの販売をします。

~~~~~~~~~~~~~~~~

アップサイクル・ululaスモック・キッズ・ファッションショー

Memorytree 保育園 ✖ CBC未来つなぐPROJECT


「ulula(ウルラ)」がデザイン・制作したアップサイクルのスモックをメモリーツリーの保育園児がモデルとなり披露するファッションショーとトークのステージ。異なるコンセプトの18園、それぞれの園から園児と保育士さんがアップサイクルスモックを披露し、園の魅力をアピールします。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


記事: Blog2 Post
bottom of page